【tomoko通信】フレーズ力 vol.136

こんにちは
tomokoです。

今日は、もう一つのメルマガ、
私のNatural Singer Master Program でも
伝えていることを書こうと思います。

私もピアノを弾きながら歌います。

2つのことをしているとき、
これはどちらも無意識に弾いていて
音、曲の中に入っている。

彼女の歌、映像をみて
そんな共通点があるように思えた。

アメリカ、オレゴン州生まれの
ジャズシンガー、ベースプレーヤーの
Esperanza Spaldingを紹介しよう。

Stevie WonderのOverjoyedを彼の前で歌っている。
Esperanza Spalding

アップライトベースの弦を弾きながら歌う。

私が歌うことを教えるときに伝えていることは
フレーズ Phrase 力である。

ヴォイストレーニングとは
自分の楽器を知ること。
正確さや、音の鳴りを確認していける。

では、歌とは?

土地や、気候、文化から世界には
いろんなスタイルの音楽、歌がある。

私のプログラムでは、その違いは何か?と問います。

答えを言いましょう。

フレーズなんです。

呼吸をとって次の呼吸までの1フレーズ。
それが繋がり、1曲の歌となる。

言葉の意味からでてくる音の強弱、長短。

Esperanzaの歌は、
フレーズがそのまま、身体から発せられている。

本当の顔の表情と同じように、
歌のフレーズも表情が豊かに表現されている。

「フレーズ力」

これを意識して歌を聴いてみると面白いです。
世界には素晴らしいフレーズを歌う、演奏する人たち
が本当にたくさんいる。

tomoko

Follow me!

お問い合わせはこちらから!

フォームからのお問い合わせは365日24時間ご対応中!

下記、「お問い合わせボタン」をクリックすると、お問い合わせフォームページにアクセスできます。
ご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。