【tomoko通信】イメージ力 vol.94

こんにちは
tomokoです。

声の仕組みを伝える時に、
「歌は自分のイメージする力で変わります。」
と伝える。

自分が欲しい音は何か?
自分が欲しい歌い方は何か?
が具体的、明確になっていることが大切です。

これはきっとオリンピックの選手にも
共通していることなのかもしれない。

不明確なイメージだと、不明確な結果が出てくるだろう。

歌の場合、音程がはっきりしていないところは、
その人自身も音程がわかっていない場合が多い。

レッスンではその音を明確にする手伝いをする。
ピアノで音を拾ったり、細かい音をよーく聞いて、
どういうことを具体的にしているのかを理解するのだ。

そして、それを再現できるように、歌っている時に
それを具体的にイメージする。

どう歌うのか知っていること、臨場感を持って音の中に入り、
歌のフレーズが出てくること。

これが歌に変化を現します。

イメージ力が歌を変化させる。
これはすごいことだ。
目に見えないのに影響を及ぼすことができる。

音の変化を司る場所へ、ダイレクトに脳からの指令がいく。

イメージ力が歌を変化させる。

イメージする力は人間にだけにある力。

tomoko

Follow me!

お問い合わせはこちらから!

フォームからのお問い合わせは365日24時間ご対応中!

下記、「お問い合わせボタン」をクリックすると、お問い合わせフォームページにアクセスできます。
ご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。