【tomoko通信】「歌の中に希望がある」vol.52

こんにちは
tomokoです。

私は歌には必ず希望があると伝えています。
悲しい歌でもです。

生きる価値がない・・・では、歌にならないわけです。

メロディやリズムから歌詞に力が増し表現される。
だからこそ、そこに希望が生まれると思っています。

歌い手は、その希望を伝えることが仕事と思っている。

歌詞に、

あなたがいなくなってから
いつも雨が降っている

あなたがいなくなってから
人生がつまらない

いつか太陽の下で
晴れ晴れと歩きたい

(ジャズスタンダード
Stormy Weatherの歌詞から)

この歌詞からは辛い気持ちだけど、いつか前向きになりたい
と希望を歌っています。

その歌の歌詞の裏にどんな、人の気持ち、心情があるか?
と考えるととても面白い。

歌の中の「希望」

どんな歌にでも歌う人は希望を表現すること、
これ大切だなぁ。
https://youtu.be/9migdK-LnPU
Etta James – Stormy Weather

tomoko

Follow me!

お問い合わせはこちらから!

フォームからのお問い合わせは365日24時間ご対応中!

下記、「お問い合わせボタン」をクリックすると、お問い合わせフォームページにアクセスできます。
ご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。