【tomoko通信】「感謝を音楽で」vol.30


こんにちは、tomokoです。

固い話が続いたので今日はほのぼのしたいと思います。

アメリカにいた時に猫を2匹飼った。
12月クリスマスにシェルター(保健所)で
生後3週間の子猫(兄妹)に出会った。

チャとブーという名前をつけた。

とても好奇心が強い。
呼べば来るし、持ってきてというと
持って来る犬のように彼らと会話ができた。

室内で飼っていたのでレッスンの時も
ドアの向こうで聞いている。
誰が来るかも把握していた。

4年後に日本に来た。
チャは、早速引き戸を開けることを覚えた。
3人で大笑いする(猫2匹と私)

ブーは17年、チャは、今年19年の命で
私の元を去った。

(詳しくは「猫と暮らす」全71話に二匹との日本での
日々を綴っています。)

これだけ長い期間、私のそばにいつもいて
私のすべてを知っている。
私が聞く音楽の音も、感じていただろう。

本当に愛おしい猫たちだった。
彼らの純粋な心を思い出す。

人は、別れの時に感謝を、音楽で捧げる。
これはどの人種も共通している。

I tribute to them.. と賛辞を伝えたりする。

この曲にしよう

tomoko

Follow me!

お問い合わせはこちらから!

フォームからのお問い合わせは365日24時間ご対応中!

下記、「お問い合わせボタン」をクリックすると、お問い合わせフォームページにアクセスできます。
ご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。