トモコヴォイス会報誌vol.7  

「歌う」

 

4歳の頃、先生がピアノを弾く姿をよく見ていました。

というより弾かれるピアノを見ていました。

指で弾くと鍵盤が落ちていく〜
それが面白くて鍵盤の真下によく座っていました。

グランドピアノはとても音が良く聞こえます。
その頃にピアノ教室に通いだしたので、
家にもアップライトのピアノがやってきました。
2階の部屋へ入れるためなんとベランダから
クレーンでピアノが運ばれたのです。

ところが、私が気づきました。
そこまでしてやっとこ運ばれたピアノの音が

良くない!!

ひとりで泣き叫び良い音がしないことに
腹を立てエネルギーを使い切った私は、
ピアノの鍵盤の下にふてくされて寝っころがってました。

ふと上をみあげると鍵盤の左下に見知らぬレバーがあったんです。

私はそのレバーを引きました。
そして鍵盤に手をかけて立ち上がろうとしました。

すると、今までに聴いたことのない音色が
ピアノからしたのです。
澄み渡る綺麗な音がしたのです。

後からわかったのですが、
実はピアノには防音のため消音機能があり、
私のピアノは買った時から消音になっていて
本当の音がなっていなかった。

ヒェ〜私は驚き、願えば叶うんだ。
求め続ければその音がなったよ〜〜〜

と叫んで母に言いに行きました。
今までの暗黒の世界から輝かしい晴天の世界へ一瞬にして変わったのです。
ピアノの音色から大きな喜びを感じたのです。

音から人は何かを感じると信じています。

これらの写真は昨年12月に開催したホームコンサートからです。
私はメンバーに恵まれていつも楽しく、歌っていられます。
彼らもそれぞれの楽器で私のような経験があるのでしょう。

ギターの弦を爪弾く音色は人間の温かさをより表現できると感じます。
弦のゆがみから表現がより豊かになる。
ピアノにはない表現方法です。

ベースは低い音で曲全体を落ち着かせます。
そのフレーズ、リズムの取り方で曲のイメージが大きく変わります。
かっこいい楽器です。
私は高校時代ベースも弾いていました。
(ベースを弾く人がいなかったもので)

ドラムは、曲をしめてくれます。
曲の流れに盛り上がりをつけたり、楽しくしてくれますね。

声は一番人間の感情が現れる楽器だと思います。
その人の声は唯一の声でその人から出てくる歌は唯一の歌です。

私は歌う時、真剣です。
神聖な気分になります。歌は

コミュニケーション

と私が師事していたグロリアから教えられました。
人から人はと伝わる歌、歌いたいです。

サイトに私の Diary (日記)が掲載されます。
楽しんでもらえたら嬉しいです。

皆様からのご意見拝見しました。心からありがとうございます。
今年もがんりますよ〜〜。 よろしくお願いします。

vol7

tomoko
トモコヴォイス紙面会報誌 vol.7より
(2007年1月11日)

Follow me!

お問い合わせはこちらから!

フォームからのお問い合わせは365日24時間ご対応中!

下記、「お問い合わせボタン」をクリックすると、お問い合わせフォームページにアクセスできます。
ご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。