【tomoko通信】歌の中での禁止令 vol.147

tomokoです。

私は体験レッスンのときに、
私はどういう人間で、
ヴォイストレーナーの仕事をしている理由
声の仕組み、そして実際に声を出してもらう
ということをしています。

今日のもう一つのメルマガに書いた内容を
引用したいと思いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

同じ声の仕組みを伝えますが、
その時に理解することや、
受け止め方は人それぞれです。

なので私が伝えようとしていることを
伝えさせてもらうためにも、
その場で声を出してもらい、私が確かめます。

トレーナーとして確かめることは、
その動作(上記のような反応、声の出し方)
がでてくるのは、

その人が以前から持っている歌、
声の出し方の考え方(前提)からくるので、
その人がどういう前提をもっているのかが、
その時にわかってきます。

例えば、地声は強いもの、裏声は使ってはいけない
とか逆に、地声はつかってはいけないとか・・・

私はアメリカから帰国して体験してきて思うことは、
日本ではよくこういった、変な禁止令みたいなものが
あるってことでした。

歌の中でですよ。
なくていい、なくていい(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本当に、こういった禁止令は無くて良いものです。
歌は、自己表現であると言われます。

日本の文化で、なかなか自己主張的な自己表現が
できないということもあるのかなと
書いていて思いました。

アメリカでは感じたことを自由に表現する、
自己主張することに重きがある文化なのだろうなぁ。

でも、だからこそ、自己表現する素晴らしさを
日本の人はわかっているのではないかと思いました。

だからこそですよ。
そこへの憧れみたいなものからでも。

もしも、そんな自分の中で禁止令があったなら、
例えば、音程を外しちゃだめだとか、
うまくなくちゃ歌えないとか・・・

ぜひ外してほしいなぁと思いました。

ちなみに、
「誰もが歌うことで感じる幸せを伝えたい・・・」

Natural Singer の理念です。

歌だけでないのでしょうね。
いらない禁止令は、無いほうが
自分を受容し、幸福度があがりますね。

For the First Time in Forever – Frozen HD 1080p

この映画も、
禁止令を自分たちに与え続けていました。

それがとれることで、やっと心が解き放たれ
自由になれるんですね。

tomoko

Follow me!

お問い合わせはこちらから!

フォームからのお問い合わせは365日24時間ご対応中!

下記、「お問い合わせボタン」をクリックすると、お問い合わせフォームページにアクセスできます。
ご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。