【tomoko通信】カチカチの文章 vol.132

こんにちは
tomokoです。

先日、私のメルマガはなんで
そんなにカチカチの文章なんですか?

と言われた。

ありがたい、フィードバックです。

「~だよね」 などの今風の若者の語尾は
私が普段あまりつかっていないのと、

わざわざ送るメルマガの文章が軽く見える、
マイナスがあると感じるので、

つかわない。

私のメルマガの意図は、

なぜ

===================
tomokoのビジョン
===================

1、世界のヴォイストレーニングの健全化

2、シンガー、ミュージシャンが仕事と堂々と言える世の中にしたい

を持ったのか?

自分が伝えたいというものがある。

そこからスタートしているので
カチカチの文章となるのかもしれない。

7才と4才の息子と娘と、
アニメ「ワンピース」を見ている。
私はぜんぜん知らないものだったのだが。

幼稚園の絵画展で、これらのキャラクターを
息子が作ることから私の中に入ってきた
世界になった。

ここに登場する人物はキャラクターが濃い。
人物によって話し方を変えている。

日本語でも強弱のアクセントを強くつけて、

「(なんとか)だわよ」と語尾につける。

「だ」に強いアクセント。
「よ」「よぅ」って感じ。

他に、
「ーだがね」
「そうじゃないッシブル」
などなど・・・
普通ではありえない話し方が登場する。

子供たちは、これを耳で聴いてすぐ真似できる。
私もそれがうつって、子供たちとの会話は、
辺な音になっている(笑)

ワンピースの言葉の表現はそれが有効に働き、
それぞれのキャラクターに愛着を持てるように
なるのだろう。

言語の文章、言語の音。
それぞれ人からでてきた創造物。

何をどう伝えたいかなのだろう。

でもこのフィードバックを参考に
楽しくしてみよう。

tomoko

Follow me!

お問い合わせはこちらから!

フォームからのお問い合わせは365日24時間ご対応中!

下記、「お問い合わせボタン」をクリックすると、お問い合わせフォームページにアクセスできます。
ご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。