【tomoko通信】割り箸トレーニングは有効か? vol.131

こんにちは
tomokoです。

私はヴォイストレーナーとして20年
経ってしまいましたが,
この割り箸トレーニングはやったことないです。

なので、批判をするつもりもないです。

はい、おしまいって感じですね。

でも帰国して、聞かれたりしたので
今日は、私の見解を伝えます。

日本ではよく、口の中に何かをいれたり、
外から何かをして
(例えば、ヴォイストレーナーがお腹を押したり)
声を出させることをする場面をみたりします。

それが、やっている感や、がんばっている感を
表現しているのかもしれません。

外から何かをやろうとしても
それは一瞬の体験に過ぎません。

それが自分の意思でコントロールすることが
できて持続するのでしょうか?

アメリカ、ハリウッドの学校での
ヴォイストレーニングレッスンで、

Like a chiken!
「ニワトリのように声出して」と言われたり、
背中を押されてジェットコースターのように叫ぶ。

割り箸もこれをしているのと同じです。

私にとって割り箸をいれて歌うなんて
できないです。

どうやって歌うのだろう?
変な感じや、不信感を抱いたまま
歌わなければいけないとは拷問だなぁ。

それをしながらお客さんの前にたてるのだろうか?
私は無理です。

お客さんに気持ちよさを伝えられない。
一期一会が、ダメになる。

Don`t worry be happy!!
Make a smile

来日したときの楽屋で写真撮影会をされ、
何もわからず突っ立っていた
スティービー・ワンダーに私がかけた言葉。

何をされているかわからないと不安になる。

今日も素敵な1日でありますように(^0^)/

tomoko

Follow me!

お問い合わせはこちらから!

フォームからのお問い合わせは365日24時間ご対応中!

下記、「お問い合わせボタン」をクリックすると、お問い合わせフォームページにアクセスできます。
ご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。