【tomoko通信】小学生時代 vol.105

こんにちは
tomokoです。

私は小学校に行き友達ともよく遊んだが、
1人で休み時間の音楽に陶酔していたりした。

結局、自分で曲を選べる
放送委員も毎年していた。

音楽の中に入り込む感覚を楽しんでいた。
ヘッドフォンをして目を瞑り、音の中に入る感覚。

ピアノも好きな曲を弾きたかった。

当時はアニメ全盛期でよくテレビアニメを見ていた。

私はその主題歌、終わりの曲を歌っていた。

カセットデッキとテレビをケーブルでつなぎ、
テレビが始まったら録音ボタンを押して歌だけ録音。

エースをねらえというアニメ番組では、
テニスの試合に入るとかかるBGMも好きで、
全部の音を録音していた。

実際に、妹とテニスを外でする時に、
カセットデッキを持って行ってその音楽を流すのだ(笑)

好きな音楽を聞くことを
すごく身近にしようとしていた。

アニメの他は劇団四季のキャッツをみて
またその歌の世界にはまり、

家に誰もいないことを確認して真似して歌っていた。
それを自分で録音したり。

高学年になり、アメリカの音楽を聞くようになったのだろうか。

ジャクソン5や、80年代のアメリカ音楽だ。
英語がわからなくても、適当に耳から覚えて真似して歌う。

身の周り全てを好きな音楽で埋め尽くすような感覚かもしれない。

日本の人で初めに好きになった人は、この人だった。


スチュワーデス物語「What a feeling」1983 麻倉未稀

このドラマも見ていたが、当時は低学年。
彼女の声、歌に惹かれたのだろう。

カッコ良いって思っていた。

当時はアメリカの曲を日本語訳にしたものが流行っていた。

懐かしい…

tomoko

Follow me!

お問い合わせはこちらから!

フォームからのお問い合わせは365日24時間ご対応中!

下記、「お問い合わせボタン」をクリックすると、お問い合わせフォームページにアクセスできます。
ご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。