【tomoko通信】子音と母音 vol.86

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは
tomokoです

先日のワークショップでもしたが、私は声の仕組みを話すときに
この子音と母音の話をする。

私は幸いにもいろんな人種の方々とヴォイストレーニング
レッスンをしてきた経験がある。

ロサンゼルスの土地柄もあるため、母国語を英語としない人とも
触れ合うことができた。

それでも共通して言える「声の仕組み」。

人間であれば全てが共通であるため、何人でも対応できる

人は、言語を話します。
その言語は人から出る音、声を使い話される。

話すことは言語を音声としている。
音声にするには人の唯一の楽器、声帯器官を使う。

そして、人間が出す音は2種類。

「子音」と「母音」だ。

子音は、唇や、歯、舌などを使って出す音。
s、p、t
などを言ってみると実感する。

母音は、口の中で作られる音。
あ、い、う、え、お

それぞれ、作られる場所が違う。

人はみんな一緒なのだ

世界の人はみんなこれらの音を出して言語を話している。

https://youtu.be/pLw2EfOmE7Y
映画モアナから

今日も素敵な1日でありますように(^0^)/

tomoko

Follow me!

お問い合わせはこちらから!

フォームからのお問い合わせは365日24時間ご対応中!

下記、「お問い合わせボタン」をクリックすると、お問い合わせフォームページにアクセスできます。
ご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。