【tomoko通信】The House I live in vol.75

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは
tomokoです。

今日はこれを紹介します。

https://youtu.be/w2PtttoaXT8
Patti LaBelle – The house I live in – Sinatra 80 birthday

私がロサンゼルスに住んでいた時に、
たまたまテレビをつけたらやっていました。

Patti LaBelle、Natural Singerと呼ばれていました。
彼女のパワー、温かさはやはりゴスペルシンガーならではです。
凄すぎて笑ってしまい、涙が出るほど感動します

ゴスペルシンガーのあり方は、「神からの声を自分を通して表現させる」
といったところでしょうか。
信じる力が歌の力へとなると感じます。

話は戻り、

フランク シナトラの80歳の誕生日。
それをテレビでするのがアメリカらしい。
アメリカでは英雄を讃えるという文化があるなぁ。

上の歌の元がこのショートフィルム。
https://youtu.be/UpO6mpYvyqQ
The House I live in with Frank Sinatra

60年以上前に作られた。
歌手フランク シナトラが、子供たちに語りかける。

誰にでも同じ血が流れている人だ

父はイタリア人、でも自分はアメリカ人だ

アメリカとは自分にとって何なのだろう?

100の宗教、100の人種、みんな一緒に

自然の恵みがあり、食料屋さん、肉屋さん

生活している人が、道に溢れ、子供達は遊んでいる

それがアメリカだ

この曲が作られた当時はアメリカが誕生して150年。
歌詞にはその夢が育てられ150年が経ったとある。

Patti LaBellでは、ちゃんと変えて200年と歌っています。

どういう国にしたいかと考えて建国をした。
若い国だからこそ、今の人も身近にその国の成り立ち、
国のあり方を意識するのかもしれないなぁ。

日本は、もっと歴史がある。
どういう国にしたいか・・・
考えたいところだなぁと思った。

tomoko

Follow me!

お問い合わせはこちらから!

フォームからのお問い合わせは365日24時間ご対応中!

下記、「お問い合わせボタン」をクリックすると、お問い合わせフォームページにアクセスできます。
ご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。