【tomoko通信】ドラムの音 vol.81

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは
tomokoです。

私が音楽を聴く時、良いものは全ての音を
細部まで聴きたくなります。

歌の曲はもちろん歌が一番に耳に入ってくる。
でも、その周りにギターカッティングやピアノの音色、
ローズピアノ、ベース、ドラムなどなど・・・

どんな音が入っているのか?
無意識にも、また意識的にも聴いています。

ドラムの音色の違いを聞いてみよう。

https://youtu.be/s6fPN5aQVDI
Stevie Wonder – Sir Duke [HD]

Stevieの音は、本当にすたれずカッコいい。

70年代は、生ドラムの音が主流。

コーテッドヘッドと言ったりするが、
ペンキで色ぬりを変化をつけさせる。

よく小太鼓のスネアがこのヘッドを使うが、
他のタムにもこれを使い硬い音にしたり。

https://youtu.be/eH3giaIzONA
Whitney Houston – I Wanna Dance With Somebody

時代を感じる・・
今聴くと、Whitneyが、ポップス的に歌っているなぁ。

80年代は、ドラムのヘッドの違いを出し、
ボンボンというような音色が流行った。

それはヘッドは2枚重なっているのだが、
ヘッドの間に油を入れ、叩く音色を変えた。

音の作り方がそれぞれ違う。
80年代って、特徴的だなぁ。

ドラムの音だけを意識して聞くのも面白さがあるだろう。

tomoko

Follow me!

お問い合わせはこちらから!

フォームからのお問い合わせは365日24時間ご対応中!

下記、「お問い合わせボタン」をクリックすると、お問い合わせフォームページにアクセスできます。
ご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。